08日 7月 2018
雨の影響でホワイトセージがグンと大きくなりました。 雑草もグングン大きくなりました笑 ホワイトセージを本格的に栽培してみて改めて気づいた事。 湿気に本当に弱い。 例えば刈った草を敷いてマルチにしていますが、ホワイトセージに枯れ草がかかってしまっただけで葉が枯れてしまう株がありました。...

06日 7月 2018
農の機能発揮アドバイザー、始まります。 手作り醤油を沢山の仲間たちと作ってる人たちに。 大豆や小麦の栽培方法をお伝えします。 アドバイザーの役割*...

02日 7月 2018
土のピザ窯こと、アースオーブンですが、ここまで学んできた事を活かした 新しいアースオーブンを考えました。 試作段階ですので通常の半額でお作りできたらと思っております。 ご興味ある方はコメント、メッセージください。 お待ちしております。 お問い合わせはこちらから。

25日 6月 2018
結友舎ですが、昨年より「農」の機能発揮支援アドバイザーを担当しております。 *アドバイザーの役割*...

01日 6月 2018
『結友舎のお野菜の宅配はありますか?』 お野菜の販売に関するお問い合わせが度々ございます。 結友舎はお野菜の販売ではなく、無施肥無肥料のお野菜の栽培方法をお伝えしております。 これからの時代、消費者側ではなく、ちょっとした生産者側になってみるのはどうでしょうか? 新しい世界が広がると思います。...
19日 5月 2018
バイオネストとは。 植物を植えると、どうしても剪定が必要になります。 剪定をすると剪定枝や落ち葉がゴミになります。 剪定枝を外に搬出して処分するには費用もかかり、コスト的にも環境的にも好ましくありません。 場内で処分できればそれにこしたことはなく、堆肥になれば一石二鳥です。 それを叶える方法として考え出されたのが「バイオネスト」です。 剪定して出た枝を太いものから順番に、鳥の巣をつくるように丸く編みこむように組んでいきます。 はみ出た枝はカットし、細い枝や落ち葉、草刈り後の草類は、組んだ枝の中に中高く積み上げます。 中の落ち葉や草はやがて分解して堆肥となり、周りの木々に戻すことができます。 昔から日本にある、「落葉帰根」の考え方です。 武蔵野の森スポーツ施設の味の素スタジアム西競技場でも、この方法を使い、場内で出た剪定枝をなるべく外に出すことなく処理しています。 「バイオネスト」は景観にも溶け込み、修景的にも効果的です。

05日 2月 2018
先月長野県にて道法正徳さんの切り上げ剪定講座に3日間泊まりがけで学びに行きました! 切り上げ剪定を行い、無肥料無農薬で栽培するこの剪定方法は、今まで積み重ねてきたものを全て 切り上げられ笑、植物ホルモン一筋になってしまいました。すっかり道法教に魅了されております笑 詳しくはまた後日のブログにてお伝えしたいと思います。...

04日 2月 2018
知多半島の上の方、名古屋からアクセス便利な”知多市岡田”。 そこにある”結友舎自然農園”でいつもと違った休日をご家族で過ごしませんか? 結友舎の家庭菜園部改め、結友舎の自然塾が新たに始まります! 肥料、農薬には頼らず、“植物”と“土”が本来持つ力で生命力溢れる野菜を作る”自然農” そんな自然農は自然界を先生とし、自然から学び、...

02日 2月 2018
コブハウス作り in 知多市岡田 知多市岡田にある千葉家の古民家の庭にコブハウスを作ります。 前回は基礎作り、コブを作って組み立て。 今回はコブを作ってドンドン積んでいきます! 土と粘土と藁で出来るお家作り、それがコブハウスです! 日時:2018年2月24日(土)、25日(日)    9:30〜17:00 場所:知多市岡田の千葉家の庭 参加費:無料...

27日 1月 2018
梅日和。 地元愛知県知多市佐布里池には梅の木がたくさんあります。 梅の館からすぐのところにの小さな梅畑。 そこを無農薬・無肥料の自然栽培で一緒に梅を育てませんか? 手放すこともできた梅畑。でもこんなにも梅干しや梅酒、梅酢を作りたいお母さんたちがたくさんいる!しかも農薬がかかっていない安心な梅で。...

さらに表示する